no-sundaのチャレンジlog

レザークラフト始めました

【レザークラフト】折り畳み財布(図面有)※2019.3.21更新

(ようやく桜の季節になってきました。

 

どうもno-sundaです。

 

春らしい気候とともに私の目と鼻もかゆみとムズムズ感に襲われております(^_^;)

 

 

さて、新学期や入学、就職といった節目の時期でもありまして、

心機一転する為に財布を作ろうと思います。

最初は息子に作ってあげようと考えていたのですが、

結構気に入ったのでしばらく自分用として使いますw

 

 

 

財布のコンセプトとしては、

・コンパクトである事(折り畳み)。

・小銭入れ、札入れがあり、お札は取り出しやすい事。

・カードは4枚くらい入れる事ができる。

って感じで縛りは少ないです。

amazonで端切れセットを購入したときの革を使いました。

 

 

 

中身は少し微妙で何の革がわからないのですが、

3種類選択しました。

 

カード部とマチ部は黒い柔らか目の革。

インナーはベージュの革。

アウターは黒く模様が入った革。

 

 

まずはノートにスケッチをして厚紙で財布を作り、どのようなイメージにするか確認しました。


f:id:no-sunda:20190323112701j:image

 

 

そしてCADで図面化し、革を裁断しました。

参考までに図面を載せておきます。

documentcloud.adobe.com


 

 

後は縫い順を考慮しながら穴を開けて縫っていきます。


f:id:no-sunda:20190323112726j:image

 

 


f:id:no-sunda:20190323112746j:image

 

 


f:id:no-sunda:20190323112804j:image

 

 

今回使用した革は比較的薄めでヘリがうまく落とせなかったです・・・

あと柔らかい革は床面の毛羽立ち?が多く、トコノールでコバ処理する際に

苦労しました。

 

コバを磨いて、サンドペーパーで削って、コバを磨いての繰り返し。

あとは妥協点を見つけるだけですw

小銭入れと本体に12mmと17mmのバネホックを取付けます。

(最初の方に穴を開けておけばよかった・・・)

 

なんだかんだで完成(^^)


f:id:no-sunda:20190323112843j:image

 

 


f:id:no-sunda:20190323112902j:image

 

 

刻印も打ちました。
f:id:no-sunda:20190323112914j:image

 

お札を入れるとこんな感じで見えます。


f:id:no-sunda:20190323112957j:image

見栄を張って10000円を入れたかったのですが、もちろんそんな大金ありませんw

 

 

今までは「接着→穴開け」でしたが、逆でやってみました。

革が厚くなると穴を開ける際に歪んだり、斜めになったりしましたが

その苦労はありませんでした。

でもちゃんと狙い通りに穴を開けないとズレますね。

あと接着に関してはまだまだ修行が必要なようですm(__)m

 

次は何を作ろうかな。そろそろ革を買わなくちゃ($_$)

-----------------------------------------------------------------------------

※2019.3.21更新

コンチョを取付けました。

初めてのコンチョです。ネジ式でジャンパーホックに組み合わせる事ができ、

ボタンとして使用できます。
f:id:no-sunda:20190331083733j:image

↓こんな感じでマイナスドライバーがあれば簡単に取り付け可。
f:id:no-sunda:20190331083746j:image

近所のハンドメイド屋に行って新たな発見がありました。

生地もそこそこおいてあり、しばらく通ってみようかなと思います。

-----------------------------------------------------------------------------

 

では!

【レザークラフト】リップクリームケース(図面有)

乾燥する季節ですね。

カサカサが気になる所と言えば「唇」ですよね。

一応男子(おっさん)でも気を使っていますw

どうも、おっさんのno-sundaです(^^)

 

リップクリームはロート製薬㈱のメンソレータム(楕円のやつ)を愛用しています。

しかし、いつも鞄を持ち歩かないのと、片付けができないので

直ぐに無くしてしまいます汗

 

こうなったらリップクリームのケースを作ってキーホルダー的な感じで

持っていれば無くさないだろうと。

 

今回は作成途中の写真はありません。

いきなり完成です↓ジャン♪


f:id:no-sunda:20190211094402j:image

f:id:no-sunda:20190211094351j:image
f:id:no-sunda:20190211094407j:image
ケースの中でもクルクルできるように穴を開けてます。
そしてリングをつけれるようにハトメを使いました。

今回作成したケースの図面を貼っておきます↓

documentcloud.adobe.com

 

では!

 

【レザークラフト】スリッカー作り

寒い日が続きますね。

どうもno-sundaです(^^)

 

前回、刻印を作った時

 

www.no-sunda.com

 に使用したルーターを

活用する為に「電動スリッカー」を作ってみました。

 

市販でもありますが、ここはDIYしたいと思います。

 

まずはホームセンターで木の丸棒を購入します。

大体100円くらいです。

f:id:no-sunda:20190201203442j:image

 

物置の中が汚いのは気にしないでください。

そしてのこぎりで15mmくらいにカットします。

f:id:no-sunda:20190201203438j:image

 

んでドリルで穴を開けます。

リョービのマイドリル。コード有りです。

ブィーンと真ん中の方を狙います。

f:id:no-sunda:20190201203434j:image

 

中心からズレましたねw

気にせずに進みます。

失敗してもまだまだ材料がありますので。

 

f:id:no-sunda:20190201203420j:image

 

余っていたM4のCS(キャップスクリュー)ボルトを挿入してみます。

長さは30mmくらいかな。

f:id:no-sunda:20190201203427j:image

 

入る事がわかったら、CSボルトの頭が入るように大き目のドリルで座ぐります。

f:id:no-sunda:20190201203445j:image

 

ワッシャーとバネワッシャーとナットで固定します。

それをルーターに取り付けるとこんな感じです。

f:id:no-sunda:20190201203450j:image

 

物置の中は気にしない。

あとは偏芯を修正するために100番くらいの紙やすりを当てて形を整えて、

グラインダーの歯を使ったて溝を掘ります。

仕上げは1000番くらいを使いたかったのですがありませんでしたので

400番です。

意外ときれいになりました。
f:id:no-sunda:20190201203455j:image

ジャン!
いきなり完成です。

今まで使用していたコーンスリッカーとの比較です。
f:id:no-sunda:20190201211831j:image

実際に使用しているスマホケースのコバがボロくなってきたので

磨いてみました。ウィーンと。

なかなか楽ちんです。
f:id:no-sunda:20190201205309j:image
ただ回転速度が速いとトコノールが飛び散りますw

後細かい作業ができないです。

まぁコバ磨き程度であれば問題ないかと思います。

こんな感じでこれから使ってみたいと思います。

 

 

では!

【レザークラフト】刻印を作成※2019.2.11更新

今年は雪が少ないですね。

スキー、スノボにも行く気になってきません、どうもno_sundaです(^^)

 

レザークラフトを始めていくつか物を作ってきたのですが、何かが足りない。

 

ん~? 何かって?

 

たぶん、それは

 

『自分感』

 

なのかな?

 

自分が作った物ですよ~っていうシンボルが欲しい。

 

革に何かを刻むときは

○刻印

○レーザー

○カービング?

くらいですよね?

あとは糸で表現するのも有りですね。

 

とりあえず手っ取り早く刻印を作ろうと思いました。

刻印って言っても

消しゴムハンコみたいなもんでしょ?

そんな簡単な気持ちで始めました。

まさかこんなに時間がかかるとは…

↓コレを作るのにね。 


f:id:no-sunda:20190125054122j:image

 

では作り方を紹介していきます。

 

全体的な流れとして、

1.デザインを決める

2.道具を用意する

3.母材を用意する

4.母材にデザインを転写する

5.ひたすら削る

こんな感じで進めました。

 

1.デザインを決める

私はまず頭の中にあるイメージをパワーポイントを用いて書いてみました。

まずはロゴのみで作ってみます。

文字は『Nord』

字体を変えながら自分好みのものを選択します。

レザークラフトをやっていたら、針と糸を入れたいと思いました。
f:id:no-sunda:20190123143137j:image

できたらいくつか大きさを変えて印刷します。

※この時点で複雑なものは無理!と思ったので文字だけにしましたw

 

2.道具を用意する

必要な道具はホームセンターにあるもので十分かと思います。

・ルーター


f:id:no-sunda:20190123143207j:image

学生時代に使用していたルーターを引っ張り出して、不足しているビットを購入しました。ビットは種類が多いほど複雑な形状に対応できます。


f:id:no-sunda:20190125025125j:image

 

 

あればグラインダーがあると大きな面積を削るときに時間短縮になります。

 

・両面テープ

印刷したロゴを母材に貼り付けるときに使用しました。

 

 

・カッター

貼り付けたロゴの型どりに使用しました。

 

 

・マジック

切削しない箇所にマジックで印をつけました。

 

 

3.母材を用意する

もっともポピュラーな真鍮を用意します。大きめのホームセンターであれば売っていると思いますが、Amazonにもあります。

 

 

4.母材にデザインを転写する

好きな大きさのロゴの紙を両面テープを使って貼り付けます。

最初は大きな文字などの方が良いと思います。


f:id:no-sunda:20190123143242j:image

そしてロゴの縁をカッターを使って切り抜きながら真鍮に跡を残します。

カッターの歯は新しく、良く切れるものを使いましょう。

切り抜いた部分をマジックで塗りつぶします。


f:id:no-sunda:20190123143303j:image

周りの紙を剥がせばOK。


f:id:no-sunda:20190123143316j:image

 

5.ひたすら削る

あとはひたすら削ります。

丸穴はドリルで、文字間は円盤を使うと便利です。


f:id:no-sunda:20190123143338j:image

徐々に削ります。


f:id:no-sunda:20190123143421j:image


f:id:no-sunda:20190123143434j:image

周りの面積の広い箇所はグラインダーでブィーンとやっちゃいます。

 たまに端切れに刻印しながら完成度を見極めていきます。


f:id:no-sunda:20190125025057j:image

 まぁまぁかな汗

 

そして最終的にはこんな感じです。


f:id:no-sunda:20190125053535j:image

 妥協します。自分に納得させます。

毎日ちょこちょこやっていたので20日程かかっちゃいました。

 

刻印はプレス機(自作)を使おうと思いますので、特に取っ手などはつける予定ではありません。

焼印などする場合は裏から穴あけ→タップ→ネジ取り付けなどすると良いかもしれません。

※2019.2.11更新

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

周りを削って刻印のサイズを少し小さくしました。

ついでにM5の六角ボルトを使って取っ手を付けました。

 Φ4.5mmのドリルで穴を開けた後にタップをたてました。

 刻印の素材が薄く穴が浅いのでタップは少し先端を切り落として無理矢理ねじ込みましたw

スプリングワッシャーとナットで緩みを防止してます。
f:id:no-sunda:20190211094821j:image
f:id:no-sunda:20190211094828j:image

 

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※


f:id:no-sunda:20190125053633j:image

皆さんも是非オリジナルの刻印を作ってみては(^^)

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

では!

 

【レザークラフト】革包丁ケース

今年ももう少しで終わりますね。

どうもno-sundaです(^^)

 

革の端切れで革包丁のケースを作りました。


f:id:no-sunda:20181231125446j:image

f:id:no-sunda:20181231125541j:image


赤の革だけでは横幅が足りなかったのでキャメルの革で延長しました。


f:id:no-sunda:20181231125603j:image

 

もう少し細い糸で作りたかったので

Amazonで購入しました。

 

 

あとピッチ3mmの菱目打ちも同時に購入しました。

 


f:id:no-sunda:20181231125630j:image

実際に縫ったらこんな感じ。


f:id:no-sunda:20181231125726j:image

予想よりも太い

もっと細い糸が好みなので

ビニモデビューしました。

 

ベージュの方がビニモです。


f:id:no-sunda:20181231131501j:image

こっちの方が好きだ。

これからはビニモで作っていこうかな(^^ゞ

最後に革包丁の持ち手に合わせて12mmのバネホックを取り付けて完成。

 

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

では!

【レザークラフト】キーケース

こんにちは、no-sundaです^^
私が従来使っていたキーケースは小銭入れがセットになったものでしたが、あまり小銭を持たなくなった為、新しいキーケースが欲しいと思ってました。
なので、今回はシンプルなキーケースを作ります。

革は端切れが三角形の中途半端なものしか残っていませんでしたが、こちらを利用します。
f:id:no-sunda:20181211210919j:plain

今回初めてボタンにチャレンジしました。
ボタンはこちらを用意↓


革の厚みがt2mm程度なので2個ボタンを付けます。

金具はこちらを用意↓

止め方が悪いのかグラツキが出たので、隙間に金具と同じサイズの革を挟みました。

本当は設計図などがあった方が良いのですが、行き当たりばったりです。

いきなり完成してますが、特に縫いもなく簡単に作れました。
f:id:no-sunda:20181211213007j:plain

家の電子キーと車の鍵と、エンジンスターターがついているのでボリュームがありますが、結構気に入ってます。
ボタンっていろんな種類があって、奥が深いなと思いしました。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ
にほんブログ村
では!

【レザークラフト】手帳

どうもno-sundaです^^

 

今回は手帳を作りました。

仕事で普通のノートを使用していましたが、モチベーションを上げる為に

レザーカバーの手帳を使用したいと思いました。

1.ベースとなる手帳を探す

2.ベースを採寸する

3.革のカット

4.縫い合わせる

5.ベースの手帳に装着

 

1.ベースとなる手帳を探す

ベースの手帳は最寄りの本屋を物色。

↓コレにしました。

f:id:no-sunda:20181211212759j:plain

「スマレコ」というシリーズでスマホで専用の亜プリを使用し、写真を撮ることでデータとして保存するという優れもの。

 

2.ベースを採寸する

外側はt1mm、内側はt2mmの革を使いました(残りがこれしか無かったw)。

 

3.革のカット

型を使用せずにそのまま革に線を引きカット。

f:id:no-sunda:20181211212754j:plain

そしてカードポケットとしてスリットを開けました。

これが大きな過ちとなりました。

t2mmの革だとスリットを開けるだけじゃだめだと…もっと薄くしなきゃ…でした。

4.縫い合わせる

縫い合わせの前に接着剤でくっ付けます。

f:id:no-sunda:20181211212747j:plain

100均のクリップが大活躍します。

数が足りないので追加します。

 

5.ベースの手帳に装着

縫い代が広過ぎな為、手帳が入りませんでした。

結局、手帳の外側のまわりを2mm程度カットし無理やり入れましたw

ホントはペンホルダーも付けたかったけど、初号機ということで。

 

そのうち時間があるときに図面をUPします。

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ
にほんブログ村

 

では!

no-sundaがお送りしました。